News

宮田工場第2ライン 品質調査で世界No.2『シルバー賞』を受賞

米国市場調査会社J.D.パワー・アンド・アソシエイツによる
2012年米国自動車初期品質調査SM(IQS※)で、宮田工場
第2ラインがこのほど品質世界No.2の工場に贈られる
『シルバー賞』を受賞しました。

8月24日に行われた受賞式では、株式会社J.D.パワー アジア
パシフィック 社長のアルバート・ラパーズ氏から
アジア地区『シルバー賞』のトロフィーを受け取りました。

受賞に際して二橋社長は、ご支援いただいた関係者に感謝申しあげるとともに、
「“品質を極める”という強い熱意をもって、クルマづくりに取り組んでおります。
 『品質のつくり込みでは、どこにも負けない』という付加価値をつけることは、
 日本のモノづくりを守ることにもつながります。これからも品質に一番熱心に
 取り組む会社としての企業風土をつくりあげてまいります」
と述べました。

※IQSとは、米国内で新車ユーザーを対象に、購入・リース後3ヶ月の
品質状態を調査し、世界各国の完成車工場の製造品質をランキングしたもの

写真;受賞式の様子


Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。
ダウンロードサイトにジャンプします。