News

カスタマイズカー名称は「輝匠(きしょう)」に決定

九州7県とトヨタ自動車九州は4日、福岡モーターショーで一般公募した九州オリジナルカスタマイズカーの名称について、福岡県大牟田市の主婦、柿原しのぶさんの「輝匠(きしょう)」を最優秀賞に選出しました。
公募には計385件の応募が寄せられました。同車は福岡県の博多織や佐賀県の有田焼など9つの伝統工芸を内装に採り入れており、「九州の匠(たくみ)の技が詰まったクルマ。輝かしい走りをして、国内外にその魅力を発信してほしい」との思いが込められた柿原さんの作品に高い評価が集まりました。
この日は福岡県庁で名称発表セレモニーが開催され、柿原さんに賞品(伝統工芸品セレクトギフトなど)の目録が贈呈されました。「輝匠」は14日(金)まで同庁1階ロビーに展示され、その後も九州各県を巡回する予定です。

写真:柿原さん(左)に目録を贈呈した二橋社長


Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。
ダウンロードサイトにジャンプします。