News

新型RXの本格生産開始

 トヨタ九州は、4代目となる新型RXの本格生産開始を祝うラインオフ式を宮田工場で執り行いました。
 式典には、福岡県の服部副知事やトヨタ自動車のルロワ副社長ら関係者約300人が出席。トヨタ九州の金子社長が「全社一丸となってつくり込み、『トヨタ九州がつくるRXはいい』との高い評価を定着させたい」とあいさつし、従業員代表7人が「世界中のお客様にご満足いただけるRXを届ける」と声高らかに決意表明しました。
 フルモデルチェンジした新型RXは、新たに直噴2.0リットルターボエンジンを搭載したRX200tをラインアップに追加。力強い外観や心地良い操縦安定性を誇り、40以上の国・地域で販売する予定です。


■写真上段;式典で記念撮影に納まる関係者
■写真中段;決意表明する従業員代表ら
■写真下段;発進するRX200t




Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。
ダウンロードサイトにジャンプします。