News

全国初!再エネ水素事業 本格運用開始

 トヨタ九州は福岡県、九電テクノシステムズ、豊田通商と協働し、地産地消型 再エネ水素エネルギーマネジメントシステムの本格運用を宮田工場で開始しました。太陽光発電を活用して水素を製造・貯蔵・供給する一貫システムを工場内に構築し、燃料電池フォークリフトを稼働させる事例は全国初です。

 事業開始式には福岡県の小川知事をはじめ、関係者約50人が出席。金子社長は「本システムの充実化を図り、工場におけるエネルギー利用の最適なあり方の研究や水素利用の拡大を進めます。また、地域が抱える環境・エネルギー面の課題解決に関係各位としっかり手を携えて取り組みます」と述べました。

 今年度は燃料電池フォークリフト2台を投入。来年度は定置用燃料電池を導入し、展示施設PR館の照明などに活用する予定です。

写真上:テープカットする金子社長(中央)
写真下:燃料電池フォークリフトのデモ



Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。
ダウンロードサイトにジャンプします。